葬儀屋という仕事

合掌

葬儀屋という仕事

映画でもキーワードとして扱われている

遺体、明日への十日間という映画作品の劇中、ならびに当時震災において多数の遺体と直面することになった人々にとって、常に人の亡骸と直面する機会が多発することになった。身内や他人といった区別に関係なく、津波という濁流に飲み込まれてしまい、命を落としていった人々を手厚く葬るという意味でも、東日本大震災では多くの人が亡くなり過ぎた。遺族に対する配慮も大事だと思う、ただ今回のような震災では老若男女、そして動物達に関係なく数え切れない命という命が失われていく光景を見て、精神の均衡を保つことが出来るような強靭さを持っている人はそうそういない。作品内でも、ただ圧倒的な遺体の数を前にして悲しみに暮れる以前に、命を落とした人がそこら中にいるという現実を想像するだけで寒気が走る。こんなことが過去歴史において繰り返されていたと言われても、正直実感が沸かない。現場を知るものだけが味わうこの世の終わりを彷彿とさせる惨状に、多くの人の心に傷を残していった。

そして震災直後に発生する問題は数えれきれない、震災によってライフラインが遮断された上、交通網も麻痺してしまい、救援物資についても目処が立たないという状況が継続した。また度々報道されていた避難所で暖房器具が不足していたこと、ストーブをつけるにしても燃料のガソリンがないなど、次から次へと舞い込んでくる。そうした問題と同時進行で遺体の捜査活動と、家族を探してあちこちの遺体安置所を彷徨う人々の様子、この映画作品ではリアリティを感じるだけの雰囲気は十分に出ていると言える。

ただ運ばれてくる遺体の数にもはや言葉を無くして行く人々が大勢いる中で、懸命に死体としてではなく、『ご遺体』として扱う西田敏行さんの演技には非常に考えさせられるところがあった。自分もいつか遺体を扱うことになった際、身内に関係なく接することが出来るかどうか、重要になってくるだろう。もちろん西田さん演じる役がかつて『葬儀屋』を職業として経験していたことも関係しているが、こうした震災の折にこそその進化を発揮する職業といえるものなのかもしれない。


葬儀屋とは

葬儀屋という言葉を聞いて、おそらく大半の人が暗い印象を持っていると思う。単語で羅列して見ても、『不気味』・『根暗』・『不可思議』といったような言葉で綴ることが出来る職業だ。その実、誰かが亡くなった際には必ず呼ぶことになるものの、葬儀屋というものに対して悪徳業者といった偏見なイメージも強いかもしれない。ただ彼らはそういう意味でも含めて、『遺体に対する尊重を持つことが出来るプロ』でもある。無論金儲けの道具としてしか見ていない人も、残念なことに存在しているため一概に信用できる業界とは言えない。

ただ葬儀屋と呼ばれる職業は、年を通して需給バランスが崩れることのないもので、見方によっては非常に忙しく、日の目に見られることは無くでも遺体に関する手続を全て担ってくれている。その点はきちんと見なければならないものの、葬儀屋の実態を知らない人は多いはず。筆者も葬儀屋に対してあまりいい印象は無かったが、この作品を見ることで葬儀屋が真に必要とされる現場は、こうした無数の遺体が生じる震災時だろう。

主な仕事内容として

葬儀屋といってもその仕事内容に関して詳しく知らないという人もいると思う。遺体に対する扱いは勿論、その後どうすればいいのかという段取りについても詳しく把握しているほうが杞憂な方だ。ただそうした仕事内容に関して知っておくと便利なこともある、そして彼らの仕事がとても意義あるものだという点に気付くこともできるのでまずはその点から掘り下げて話をしていこう。

まず最初に一連の仕事内容について紹介していこう。

  • ・葬儀の依頼後に遺体を引き受ける
  • ・お通夜の手配
  • ・葬儀・告別式の手配
  • ・出棺後の葬儀後片付け
  • ・精進落としの会食準備
  • ・遺影・骨壷などを持ち帰れるようにする準備
  • ・遺族の見送り、場合によっては自宅まで同行して骨壷の安置を行うこともある
  • ・簡単な書類整理を始めとした、事務作業

というような感じで葬儀屋の仕事は順々に手はずを回していくものとなっている。ただこうした手順も必ずすべての葬儀で共通しているものとしてではなく、宗派などによってはそうした面で配慮する、順番を変更しなければならないといった部分が出てくる。

映画内での葬儀屋

こうした仕事は、あくまで扱う遺体の数が一人ないし、複数人までを対象としているケースだ。東日本大震災において行方不明、死亡した人々の遺体を扱うためには商売に関係なく扱っていく姿が見られる。特に印象的ともいえるのが、作品が始まった頃の遺体を扱うボランティアや警察関係者などにとって、数え切れない遺体が担ぎ込まれていく中で、どうしても遺体を存外に扱ってしまうシーンがある。それを良しとしない人々からの罵声を浴びせられる中で、遺体の扱い方に長けている葬儀屋のプロとして活動していた西田敏行さんが遺体に対して、常に敬意を払っている姿が見られる。

葬儀屋という仕事を演技で表現しているが、当時そうして遺体を扱っていた人々にとって運ばれてくる遺体を手厚く扱うことが何よりの優先順位として見なされていた。